スポンサーリンク
高校の化学

物質:純物質と混合物の概念を見てみよう。

純物質と混合物の概念というのは、わかりやすそうでわかりにくいです。そして、現実世界において何が純物質なのかというのも説明がちゃんとされていないものが多い。ここでは実際の生活ではどれが純物質でどれが混合物なのか?という点で説明しています。
アルマイト

クロム酸アルマイトの基礎技術-2

クロム酸アルマイトの前処理で使用する硝酸やクロム酸などのデオキシダイザーと呼ばれる活性化剤の違いにより耐食性に変化を生じます。今回はクロム酸アルマイトの基礎技術第二弾としてこちらを紹介します。
アルマイト

クロム酸アルマイトの基礎-1

クロム酸アルマイトという技術はご存知でしょうか?主に航空宇宙の分野で利用されてきた技術で、高精度、高耐食性のアルミニウムを利用したいときに用いられてきた表面処理技法のひとつです。今ではその適用数も減少してきておりますが、なぜ今まで採用されてきたのかという疑問があったので調査してみました。今回はその第一弾です。
技術ニュース

もみがら灰の再利用によるカーボンナノ粒子と指紋パウダーについて

もみがら灰と呼ばれる米生産時に発生するゴミはご存知でしょうか?現在では主に農業で再利用されていますが、それを犯罪現場で利用できるかも?という研究がされています。その研究結果について記事が出ていましたので紹介します。
めっき

コットンやポリエステルへの銀めっき技術の検証

繊維の上に銀の粒子を付与するとどのような効果が得られるのだろうか?その疑問に対して検証した論文があったので紹介します。
めっき

薄膜型無電解ニッケルのピンホール対策と界面活性剤の効果

薄型の無電解ニッケルめっきのピンホールを防止するために界面活性剤の効果を検証し、その結果について調べた論文があったので紹介します。正直、ここまですごいとは思っていませんでした。
めっき

無電解ニッケルめっきとSiC複合めっきの硬度、耐摩耗性評価 on A7075

無電解ニッケルめっきは様々な産業で利用されており、そのひとつに耐摩耗性などの機械特性が挙げられる。また、同時に耐食性付与も目的とすることがあり、それを高硬度のA7075のアルミニウムに付与することでどのような影響が出てくるかを検討した論文を紹介する。
めっき

無電解ニッケルめっきと超音波&グラファイト粒子の機械特性の変化について

無電解ニッケルめっきは様々な複合めっきが実用化されています。その中でグラファイト粒子を利用したものがあり、その特性がどのように変化するのかを論文を見ながら紹介します。
めっき

マグネシウム合金(AZ91)への無電解ニッケルめっき

マグネシウム合金は錆びやすい金属ですが重量当たりの引張強度は高く、優秀な金属でもあります。その耐食性を向上させるために無電解ニッケルめっきを施すとどのような特性が得られるかについて紹介します。
スキンケア

紫外線吸収剤の成分詳細について

紫外線吸収剤を調べてみたよという論文があったので紹介します。何が使われているのか気になる人はぜひ見てください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました