基礎技術

スポンサーリンク
めっき

金属のめっき技術と水素脆性、ベーキングと評価試験

あなたはめっき技術をご存じだろうか?めっきはある材料の母材にその材料と同じまたは異なる金属を析出させる技術です。工業的に多く利用されており、あなたの普段利用している車のドアの引き手、ボールペンの本体、腕時計のケースなど様々な場所でひっそりと...
アルマイト

クロム酸アルマイトの基礎技術-2

クロム酸アルマイトの前処理で使用する硝酸やクロム酸などのデオキシダイザーと呼ばれる活性化剤の違いにより耐食性に変化を生じます。今回はクロム酸アルマイトの基礎技術第二弾としてこちらを紹介します。
アルマイト

クロム酸アルマイトの基礎-1

クロム酸アルマイトという技術はご存知でしょうか?主に航空宇宙の分野で利用されてきた技術で、高精度、高耐食性のアルミニウムを利用したいときに用いられてきた表面処理技法のひとつです。今ではその適用数も減少してきておりますが、なぜ今まで採用されてきたのかという疑問があったので調査してみました。今回はその第一弾です。
めっき

コットンやポリエステルへの銀めっき技術の検証

繊維の上に銀の粒子を付与するとどのような効果が得られるのだろうか?その疑問に対して検証した論文があったので紹介します。
めっき

薄膜型無電解ニッケルのピンホール対策と界面活性剤の効果

薄型の無電解ニッケルめっきのピンホールを防止するために界面活性剤の効果を検証し、その結果について調べた論文があったので紹介します。正直、ここまですごいとは思っていませんでした。
めっき

無電解ニッケルめっきとSiC複合めっきの硬度、耐摩耗性評価 on A7075

無電解ニッケルめっきは様々な産業で利用されており、そのひとつに耐摩耗性などの機械特性が挙げられる。また、同時に耐食性付与も目的とすることがあり、それを高硬度のA7075のアルミニウムに付与することでどのような影響が出てくるかを検討した論文を紹介する。
めっき

無電解ニッケルめっきと超音波&グラファイト粒子の機械特性の変化について

無電解ニッケルめっきは様々な複合めっきが実用化されています。その中でグラファイト粒子を利用したものがあり、その特性がどのように変化するのかを論文を見ながら紹介します。
めっき

マグネシウム合金(AZ91)への無電解ニッケルめっき

マグネシウム合金は錆びやすい金属ですが重量当たりの引張強度は高く、優秀な金属でもあります。その耐食性を向上させるために無電解ニッケルめっきを施すとどのような特性が得られるかについて紹介します。
基礎技術

鍛造ってどんな技術?叩くってどうやって?

鍛造は日本刀に代表される製鉄技術のひとつです。金属材料を扱うなら必ず必要な技術です。どのようなものか実際に見ないとわからない分野ですので、ぜひ当ブログへお越し下さい。
基礎技術

ニッケルめっきってどうやるの?

ニッケルめっきは身の回りで多く利用されている技術です。技術的なことが気になれば一度ご覧あれ。きっと「へぇ」となります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました