閉じる

日焼け止めの革命か?イカの成分で紫外線を散乱、吸収する新タイプのサンスクリーン

-スポンサーリンク-

日焼け止めってなんで日焼けが抑えられるのだろう?考えたことってありますか?今の日焼け止め成分の問題点と解決策は何だろう?というところに新しい材料が見つかったかもというニュース記事が出ていましたのでそれを紹介しつつ日焼け止めについてみていきます。

日焼け止めの原理と問題点

日焼け止めが日焼け止めたるには紫外線を皮膚に届かせないようにすることが必要になります。そのため、日焼け止め成分にはその効果を発揮するための成分が多く入れられています。

紫外線の散乱剤

光の散乱といえば、専門的な言葉になりますが光が乱反射するといえばわかりやすいと思います。イメージとしては太陽光からまっすぐに皮膚に届く光を日焼け止めが乱反射させてバリヤーするというイメージです。もし、紫外線だけを見ることができれば日焼け止めを塗ったあなたは虹色に輝いて見えるかもしれませんね。

この散乱効果を発揮しているのが酸化チタンや酸化亜鉛とよばれる白色の成分となります。酸化チタンや酸化亜鉛を小さな粉末(ナノ粒子)にして分散させたものが散乱剤となっています。散乱剤は皮膚に吸収されないと言ことが確認されており安全性が高いのが売りとなっています。ただし、ひとつ問題点があり、それは塗ると白くなってしまうことです。化粧や色味を気にする方にとっては致命的であったりします。

紫外線の吸収剤

散乱剤とは異なり、紫外線の吸収剤は有機的に作られています。紫外線吸収剤は合成化合物で、紫外線がその化合物に当たると化合物の中で変化が起き、最終的に紫外線ではない光や熱に変わりながら元の化合物に戻るという過程を通ります。

体にやさしいのはケミカルフリーの日焼け止め。と聞いたことがありませんか?このケミカルというのは紫外線吸収剤のことを指します。実は紫外線吸収剤はふたつの問題点が指摘されており、そのひとつが紫外線を受けた際に化合物が有害なものに変化してしまうことです。紫外線は皮膚にダメージを与えるような強力なエネルギーを持っていますが、日焼け止めも例外ではありません。光によって化合物にダメージが入り、分解してしまいます。実はこの分解生成物が体に悪いのではないか?とも言われています。

またもうひとつの問題点は紫外線吸収剤が体内に入る可能性です。紫外線吸収剤は体内に入らないといわていましたが最近の研究では体内に入ることが示唆されているようです。このように紫外線吸収剤は問題となっています。

日焼け止めの問題点解消のために

現在、ケミカルフリーの日焼け止めは散乱剤に頼ったものになります。散乱剤には限界があるのも事実で、所詮は乱反射なので皮膚に届く光があります。これを完全に防ごうとするとどうしても紫外線吸収剤も混ぜたハイブリッドタイプを選択せざるを得ないのが実情です。

ここで、救世主となるかもしれないというニュースを取り上げます。アメリカのノースイースタン大学ではイカのの皮に含まれる成分を人工定期に合成することに成功したとのことです。この成分はキサントマチンと呼ばれる物質で、イカがいろんな色に体の色を変化させるのに必要なものです。体の色を変化させるだけであれば可視領域(赤~青の光の波長)の吸収の割合を変化させているだけですが、実際は紫外線も吸収可能だそうです。

このキサントマチンの特異な性質は日焼け止めにおいては紫外線の散乱剤、吸収剤の両方の働きをすることです。キサントマチンの科学的な安全性評価というのはこれからだと考えられますが、これが実用化すると日焼け止め業界に改革が起きそうですね。

参考ニュース記事

このページで参考にしているニュース記事は:News@Northeastern

-スポンサーリンク-

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

© 2019 テックテックウォーク | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.