閉じる

AIで顔写真を10万枚生成。あなたの好みはどの顔?

-スポンサーリンク-

「その顔かわいいけどだれ?」「これ?あぁ、俺の理想の顔を作ってもらった。」みたいな未来はすぐそこにあるよ。という記事を紹介します。

AIによる画像の自動生成

generated.photsにAIによる顔の自動生成画像10万枚が公開されました。AIで自動生成されるツールは過去にも発表されていたそうですが、今回は完全に著作権フリーということで注目されています。ちなみに、この記事のトップ画像はここのAIによって生成された顔のひとつを利用しています。

著作権の問題を解決する。

画像、特に顔は肖像権や著作権といった権利によって厳重に管理されているもののひとつになります。それは、顔がその人の特徴を表しているからにほかなりません。顔写真を使いたくなることがあると思いますが、無許可での使用は権利侵害となってしまう可能性があり、慎重に対応せざるを得ないのが実情です。

そこでgenerated.photsではAI技術によって顔を自動で生成し、公開することでひとつのビジネスの形をつくろうとしています。

未来の犯人特定で役立てる

詳しくは知らないのですが、よくドラマなどで人物像を被害者に聞き、それから犯人の似顔絵を作り出すという方がいらっしゃるそうです。もし、この技術をこのような形で自由に組み合わせながら、特徴をはめ込むだけで顔を作れるのであれば今まで手書きで書いていた技術を転換することができそうです。カラーで編集できるため、今まで以上に精度の高い人物像が出来上がるかもしれません。

犯罪にも使えるか?

あなたのスマホは顔認証でしょうか?もし、あなたの顔をAIで作られてしまったら、それは見ず知らずの人に鍵を持たせることと変わりません。精度の高い顔の画像が作れるということはすなわち、顔写真偽造ハッキングのようなことに使われる可能性があるということになります。

このようなことを考慮すると、顔写真というのはその利用について考えていかなければならない世の中になるのかもしれません。そのうち複合生体認証(顔+指紋など)や写真などでは写せない何かを読み取るシステムになってくるのではないでしょうか。

News map

このブログではMind mapを用いた記事のまとめを行っています。最初のうちは少ないですが、今後は増やしていきますので是非お楽しみに。

News map: News記事まとめ

注記:この記事は参考元記事の情報を私なりに解釈しまとめているものになります。原文の著作権は記事制作会社にあります。また、本記事の真偽に問わず、この記事により発生した一切の損害については当方は責任を負いません。

記事参照元:https://techable.jp/archives/108526


-スポンサーリンク-

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

© 2019 テックテックウォーク | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.