鍛造ってどんな技術?叩くってどうやって?

日本は日本刀に代表される鉄の鍛造技術がひとつの産業としてあった国です。鍛造技術は金属の成型技術して優れており、今後も先進技術としても使用されると考えられています。今回はそんな鍛造技術について紹介します。

Samurai Swordmaking
Dangerous Biggest Heavy Duty Hammer Forging Process, Fastest Hydraulic Steel Forging Machine
スポンサーリンク

鍛造の技術

鍛造はその技術としては金属をたたいて成形する工法のことを言います。これは上のふたつの動画のとおりで、熱した金属をひたすら叩いている様子が映されています。

スポンサーリンク

鍛造によって得られるメリット

鍛造の対義語的な技術に鋳造があります。こちらも型を用いて金属を成型する技術ですが、完全に溶けた金属を型の中に流し込んで成形するため泡などが入り込むため、欠陥が多く発生してしまうデメリットがあります。例えるならば、水を製氷機に入れて作った場合、白く濁ることがありますよね?白い濁りこそ気泡であり、それは金属としては欠陥となります。それに対して、鍛造では金属が溶解する温度までは熱しませんが、成形がしやすい温度まで熱してから型に入れて叩くことで気泡などがない金属を作ることが可能です。

他のメリットとしては、金型を使用するため量産に向いている点です。鋳造よりも鍛造のほうが成形速度が速いため工業的に優位といわれています。

スポンサーリンク

鍛造すると何が変わるの?

金属を叩くと何が変わるのでしょうか?科学的には奥が深いので簡単に説明すると結晶構造が緻密で細かくなりムラもなくなります。そのため、粘り強く強度が高い金属を得ることができます。

スポンサーリンク

鍛造で適用される金属

鍛造は鉄だけに利用されている技術ではありません。鍛造は鉄以外にチタンやアルミのような軽合金にも利用されています。いずれも強度が必要な場所で利用される場所で使われているようです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました