ワイヤーハーネスはどうやって作られるの?

ワイヤーハーネスは自動車やバイクなどを趣味にしている方は知っているでしょう。電装機器やセンサといった電子部品を電気的に接合するための銅線です。カチャとはめるだけで繋がるので安心して使える部品のひとつですね。そんなワイヤーハーネスってどうやって作られているの?という疑問の答えを紹介します。

Variosystems wire harness production
スポンサーリンク

製造工程

ワイヤーハーネスの製造工程はこちらです。

  1. 材料搬入
  2. 使用する材料を倉庫から取り出します。

  3. 受入検査
  4. 使用する材料が規定のものか検査します。

  5. 仕分け
  6. 使う材料毎に仕分けます。

  7. ケーブルの切断
  8. 使用する長さに合わせて切断します。

  9. クリッピング
  10. ケーブルの先端に端子を圧着します。

  11. ストリッピング
  12. 被覆を除去します。

  13. ねじり加工
  14. 複数本のケーブルをねじります。

  15. 超音波溶接
  16. 線と線を必要に応じて超音波で溶接します。

  17. 成形
  18. 必要な形状へ整えます。

  19. 組み立て
  20. 端子カバーなどを取り付けます。

  21. タッピング
  22. 端子へ振動を与えます。

  23. ネイルボードアッセンブリ
  24. ワイヤーハーネス全体が仕様を満たしているのか、ボードに乗せて確認します。

  25. ブランチテーピング
  26. 複数本でまとめるものはテープでまとめます。

  27. 試験
  28. ちゃんと通電するか確認します。

  29. 注油
  30. グリスを入れる必要がある場所にグリスを注入します。

  31. 最終検査
  32. 完成品に問題がないか検査します。

  33. ラボ試験
  34. 顧客の仕様でテストが必要なものはテストを行います。

  35. パッキング
  36. お客様の手元で問題にならないようひとつひとつ袋に入れます。

  37. 出荷
  38. 工場から出ていきます。

スポンサーリンク

使用していた技術について

動画中で出てきた技術について簡単に触れておきます。

機械

超音波溶接機:超音波を利用して溶接する機械

タッピングマシン:振動を与えて強度を出したり、しっかりと噛みこませることができる機械

技術

超音波溶接:超音波によって溶接する手法

スポンサーリンク

Technology map

このブログでは技術と技術をつなぐことをイメージしております。そこで、新しい取り組みとしてMindmapによる技術の整理をやっていますので、ぜひご覧ください。 Mindmap内のリンクは→(〇に右矢印)をクリックすると開きます。

ワイヤーハーネスについて:ワイヤーハーネス

技術全体について:mindmapはこちらから

スポンサーリンク

関連商品

ここで紹介したもので簡単に購買入手可能なものを紹介します。

【あす楽】12Vモンキー ゴリラ ハーネス(キットバイク設計)フルセット カスタムパーツ NO0028

価格:7,800円
(2019/9/23 08:18時点)
感想(0件)

【ドドーン!!と全品ポイント増量中】2202 オーディア エーモン トヨタ・ダイハツ車用(10P/6P)オーディオハーネス AODEA【DM】

価格:1,600円
(2019/9/23 08:18時点)
感想(2件)

ものづくり
スポンサーリンク
シェアする
Keisuke_Matsuoをフォローする
スポンサーリンク
テックテックウォーク

コメント

タイトルとURLをコピーしました