スチール自転車ってどうやって作るの?

ママチャリという名で日本では主に利用されているスチール製自転車。でもどうやって作られているんでしょうか。今回はそのフレーム構造を作る過程を紹介します。

How Its Made – 1414 Steel Bicycles
スチール自転車の作り方
スポンサーリンク

使用していた技術について

動画中で出てきた技術について簡単に触れておきます。

機械

フライス盤:フレームのつなぎ目の形状を作っていた機械
ベルトサンダー:フレームのつなぎ目の加工でできたバリを除去するために使用した機械
プレス機:フレームを曲げるために使用した機械
溶接機:フレームとフレームを繋げるために使用した機械
塗装機:フレーム全体を塗装するために使用した器具/機械

材料

クロモリ鋼:鉄鋼材料の一種で、重量当たりの強度が高く、部品の軽量化が可能な鉄鋼材料。

技術

溶接:溶接技術によってフレームとフレームが接合されていた。
塗装:塗装技術によって錆やすいクロモリ鋼が防錆されていた。

スポンサーリンク

Technology map

このブログでは技術と技術をつなぐことをイメージしております。そこで、新しい取り組みとしてMindmapによる技術の整理をやっていますので、ぜひご覧ください。 Mindmap内のリンクは→(〇に右矢印)をクリックすると開きます。

技術全体について: https://mm.tt/1332658545?t=8ijbV2ecMj

ものづくり
スポンサーリンク
シェアする
Keisuke_Matsuoをフォローする
スポンサーリンク
テックテックウォーク

コメント

タイトルとURLをコピーしました